コロナウイルスの従業員が確認された後、シンガポールのDBSは避難しました

コロナウイルスの別の極端なケースでは、300人近くの従業員がシンガポールのDBS銀行から避難したと伝えられています。この事件は、人が致命的なウイルスに感染した後に起こりました。

300人の従業員全員が同じ階(43階)で働いていたと伝えられており、水曜日に帰宅する必要がありました。

「予防措置として、影響を受けた階のすべての従業員は家を出て仕事をするために敷地を去った」とDBSの声明は述べた。

シンガポールは、以前に47の新しいウイルスの症例を報告しました。情報筋によると、従業員は火曜日に検査を受け、水曜日に感染を確認しました。

DBSは、「この困難な時期に、銀行はこの従業員とその家族にすべてのサポートとガイダンスを提供します。」

連絡先の追跡は、関係する従業員に誰がさらされたかを確認するためにも実行されます。さらなる複雑化を避けるために、エレベーターやトイレなどの建物の公共エリアは徹底的に掃除され、消毒されています。

温度計、マスク、手指消毒剤を備えたケアパッケージも避難した従業員に提供され、銀行は医療ホットラインがすでに設置されていると述べました。

シンガポールは先週、病気の流行対応システムの状態をオレンジに引き上げました。これは、病気が深刻であり、人から人へと容易に広がることを意味します。

Author: Absolute Markets Insights