テキサスのMavenirが日本でプライベート5Gネットワ​​ーク契約を達成

テキサスに拠点を置くクラウドネイティブソフトウェア会社のMavenirは、新しい市場でオープンで仮想化された無線アクセスネットワーク(RAN)を開始すると発表しました。最新の開発の一環として、同社はNECと提携し、日本の企業にローカルおよびプライベート5Gネットワ​​ークを提供します。

同社は最近、システムインテグレーターのMuglerと提携し、5Gネットワ​​ークコアである5G vRANとドイツ企業向けのデジタルサービスを強化しました。また、Muglerは、Mavenirのテクノロジーに基づいたプライベート5Gネットワ​​ークをオーバールンヴィッツのキャンパスに提供する予定です。

2019年10月に、Mavenirの完全に仮想化されたオープン4Gおよび5G RAN製品が事業者に市販されました。

ボーダフォンとテレフォニカは、公表された2つの最大の顧客であると報告されています。さらに、Mavenirは、スウェーデンのストックホルムにイノベーションセンターを開設しました。このセンターは、エリクソンの本社の近くにあり、5G New Radio(NR)でオープンRANインターフェイステクノロジーを介したデータ伝送が実証されました。

状況の一部として、MavenirのCEOであるPardeep Kohli氏はSDxCentralに次のように語っています。

これらの取り組みはすべて今日の4G LTEに基づいていますが、同社はスタンドアロンモードで動作する5G環境への進化を計画しています、と彼は言いました。

Author: Absolute Markets Insights