物流市場におけるモノのインターネット(IoT)に関する総合調査|シスコシステムズ株式会社 ツつィツ姪”ツつ”ツ債ツづュツつケツ-ツ篠堕猟ソツ青ソツ仰、NECコーポレーション、ハネウェルインターナショナル、Novireの技術、SAP SE、Intel、Oracle

物流市場におけるグローバルIoTは、予測期間中に+63,728.6%のCAGRで2027によってUS$12Mnに達すると予想されます。

物流業界は、他の業界よりも遅いペースでIoTソリューションを採用しています。 したがって、ビジネスプロセスの自動化は、物流市場におけるIot(Internet Of Things)を推進します。 さらに、すべての業界で自動化が行われており、生産性の向上、消費者の意識の向上、革新的なビジネスモデルにより、企業にとってのメリットは画期的

物流市場におけるモノのグローバルインターネット(IoT)に関する新しい研究レポートは、さまざまな側面の製品定義、さまざまなパラメータに基づくセグメ これは、詳細な情報と研究の方法論をコンパイルします。 この組み合わせに関連する図表を読者により良い視点でこのグローバル市場です。 この報告書は、今後数年間に行われるか、現在市場で行われている技術的進歩に関する情報を提供しています。 さらに、物流市場におけるグローバルモノのインターネット(IoT)における主要プレーヤーの支配的な機会と脅威が強調されています。

レポートのコピ:

https://www.itintelligencemarkets.com/request_sample.php?id=4640

トップキープレーヤ:

シスコシステムズ株式会社 ツつィツ姪”ツつ”ツ債ツづュツつケツ-ツ篠堕猟ソツ青ソツ仰 NEC、Honeywell International Novire技術、SAP、インテル株式会社、オラクル(株)、ボッシュのソフトウェアの革新GmbH、ロックウェルオートメーショ株式会社、BICS SA/NV、アマゾンウェブサービス、インターナショナルビジネスマシン(IBM)Corporation、およびPTC Inc.

地理的には、セグメンテーションは、北米、中東、アフリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカなどのいくつかの主要地域に行われます。

割引を求める:

https://www.itintelligencemarkets.com/ask_for_discount.php?id=4640

物流市場のドライバーにおけるiot(Internet Of Things

インターネットの使用に燃料を供給
IOTソリューションの認知度の向上
物流市場の動向におけるIoT
ソーシャルメディアの普及
Eコマースの成長の高まり

物流市場の制約におけるモノのインターネット(IoT)

熟練した専門家の欠如

物流における物のインターネットの高コスト

物流市場におけるiot(global Internet Of Things)は、ソフトウェア、ハードウェア、組織サイズ、アプリケーション、および地域に基づいて細分化されています。 ソフトウェアの面では、市場は、トラフィックとフリート管理、リソースとエネルギーの監視、安全性とセキュリティなどに分類されています。 ハードウェアセグメントは、RFIDタグ、ビーコン、画面/ディスプレイなどに分類されています。

レポートの内容:

-地域および国レベルのセグメントの物流市場シェア評価におけるモノのインターネット(IoT)
-業界トップの市場シェア分析
-新規参入のための戦略的な提言
-物流市場におけるiot(Internet Of Things)上記のすべてのセグメント、サブセグメント、および地域市場の7年間の最低予測
-市場動向(ドライバ、制約、機会、脅威、課題、投資機会、および推奨事項)
-物流市場推定におけるモノのインターネット(IoT)に基づく主要な事業セグメントにおける戦略的な提言
-キーの一般的な傾向をマッピング競争造園
-詳細な戦略、財務、および最近の動向と会社のプロファイリング
-最新の技術の進歩をマッピングサプライチェーンの動向

詳細については、:

https://www.itintelligencemarkets.com/enquiry_before_buying.php?id=4640

Author: Erika Thomas