調査:植物および動物種の3分の1は50年でなくなる

調査:植物および動物種の3分の1は50年でなくなる

アリゾナ大学による研究では、2070年までに気候変動による地球規模の絶滅が予測されています。

最近の絶滅、種の移動速度、および将来の気候のさまざまな予測を考慮すると、3つの種の動植物の除去のうち1つが推定されています。結論は、100周年の動植物が世界中から調査された後に構築されました。

ホモサピエンスは、他の共存種の破壊の原因となっています。これは、人間がすでに引き起こした絶滅を認識させるための最新の研究です。ホモ・サピエンスは、6回目の大量絶滅にも責任を負います。

研究のハイライトは次のとおりです。

1)538種の44%は、以前に生息していた場所ですでに絶滅していた。

2)種の温度が0.5°Cの上昇に直面した場合、種の50%が局所的な絶滅に直面した

3)温度が2.9℃を超えると、種の95%が局所的に絶滅しました。

気候変動と戦うためのパリ協定に従うと、ウィーンズ教授は、より大きな損失につながる可能性があると言います。 2070年までに、地球上の動植物10種のうち2種が失われる可能性があります。

温度の上昇は、生物多様性に多大な損失をもたらす可能性があります。既存の動植物種の3分の1以上を失う可能性があります。ほとんどの動植物種が熱帯に存在するため、それは大きな脅威として提起されています。

世界中から538種と581のサイトがこのレポートの研究者を支援しました。

Author: Sunny Denis