ASIAN MARKETS
  • ^STI3137.57+15.37 +0.49%
  • ^N22519371.46-8.41 -0.04%
  • ^HSI24114.86-87.10 -0.36%
  • ^JKSE5372.748+14.065 +0.262%
  • ^KLSE1704.48-3.60 -0.21%
  • AUDUSD=X0.7687
  • USDJPY=X113.2100
Share This
Read previous post:
国連が世界の人口が70億を超えたことを発表してからほぼ5年になり、人口増加は続いています。世界人口の増加に対応して、食品の生産量も上昇していますが、6年間で初めてコメの生産量が減少する模様です。 The results could potentially be disastrous because not only developing Asia, but emerging markets around the world use rice as a staple food. 発展途上のアジアだけでなく世界中の新興市場でコメが主食とされているため、その結果は大きな被害をもたらす恐れがあります。 Food Riots in The Philippines: Will it Happen Again? フィリピン食糧暴動:再来するのか? With the imminent danger of another food crisis occurring, it is worth exploring what has taken place in the past to truly understand the possible consequences of one. In 2008, El Niño led to a severe decline in Asia’s production of rice, which in turn led to global consequences. 食糧危機の恐れが切迫しており、その影響を正しく認識するためには過去の事例を検証する必要があります。2008年にエルニーニョによってアジアのコメ生産が激減し、全世界に影響を及ぼしました。 One of the world’s biggest rice production hubs, India, banned exports of rice which in turn led to a sudden price increase of $1,000 per ton. This caused food riots in frontier markets such as Haiti and the Philippines. 世界最大のコメ生産国の一つであるインドはコメの輸出を禁止し、コメの相場が1トン当たり1000ドル(約10万円)上昇しました。これによりハイチやフィリピンなどのフロンティア市場で暴動を招きました。 Manila had to crack down on hoarding, with the nation’s military overseeing the sales of subsidized rice and ordering fast food chains to serve half-portions. The country also pleaded to its Southeast Asian neighbors such as Vietnam to help the country more rice. マニラでは備蓄の取り締まりをしなければならなくなりました。奨励金を受けたコメの販売を軍が監視し、ファストフードチェーンに半分量の商品を販売するよう指示しました。また同国はベトナムなどの東南アジアの隣国に対してコメの供給増加を要請しました。 Vietnam and Thailand: Asia’s Future Food Crises? ベトナムとタイ:アジア食糧危機の恐れ? Rice production can be quite volatile and subject to slight differences in temperature due to the nature of production. More than 60% of the global rice exports comes from three Asian countries, India, Thailand, and Vietnam. With these three countries experiencing unfavorable climate conditions this year, there is a high possibility that rice output will be much lower, which could bring about higher prices of a staple food for half of the global population. コメの生産は変動が大きく、わずかな気温の差に左右される性質があります。全世界のコメの輸出の60%以上をアジアの3国、インド、タイ、ベトナムが占めています。今年この3国がコメにとっての悪天候に見舞われているため、コメの生産が大きく減少する可能性が高くなっています。そのため全世界の人口の半分以上にとっての主食であるコメの価格が上昇する恐れがあります。 As India, experiences a series of heat waves cutting its crops short, Thailand and Vietnam are also suffering similar fates. Severe droughts are hitting the two Southeast Asian countries as the trans-boundary Mekong river runs dry. インドでは度重なる熱波により収穫が減少、タイとベトナムもまた同様な状況に苦しんでいます。この東南アジア2国を流れるメコン川の水量が減少し、厳しい干ばつに見舞われています。 The United States Department of Agriculture predicts that rice production in Thailand will drop by more than 20% to 15.8 million tons this year. The Thai government itself has taken initiatives to help its local farmers. Due to a shortage of water in the irrigation system after two years of drought, local farmers were asked to not plant rice crops, but to focus on other crops better suited to the current situation. 米国農業省はタイの生産量は20%以上減少し1580万トンになると予測しています。タイ政府は地元農家に支援策を施しています。2年の干ばつによる灌漑システムの水不足のため、地元農家に対しコメの作付けを休止し、現況に見合う代替作物に力を入れるよう要請しました。 In Vietnam, the situation is only a little better. With rice production expected to fall by 1.5% to 44.5 million tons, the Vietnamese government says that exports will be about 9 million tons. The decline is directly related to the destruction of the paddies caused by drought in the Mekong Delta region. Even though the government estimates a 1.5% drop, a trader who wishes to remain anonymous believes that the latest harvest was about 5% or 6% lower than the same period in 2015. ベトナムの状況はわずかに良いとは言うものの、コメの生産量予測は1.5%減少して4450万トンで、ベトナム政府によると、輸出は900万トン前後とのことです。この減少はメコンデルタ地域の干ばつによる水田の被害が直接の原因です。政府は1.5%の減少と推定していますが、匿名の取引業者によると、直近の収穫は2015年の同時期より5%から6%減少しているとのことです。 Demand for Rice in Asia Surges Ahead アジアでのコメ需要上昇の見込み As if the fall in production levels was not alarming enough, Southeast Asia’s top importers are also looking to buy rice more this year. 生産量低下が危惧されているにも関わらず、東南アジアの上位輸入国は今年のコメの買い付けを増やそうとしています。 China expects to continue buying its previous year’s amount of 5 million tons, as its own rice production cannot keep up with consumption. Indonesia looks to increase its purchases of rice to 2 million tons this year, and the Philippines is looking short on rice once more despite its yearly imports. 中国は国内生産が消費に追い付かないため、前年の買い付け量500万トンを継続する見込みです。インドネシアは今年のコメの買い付けを200万トンに増加すると見られ、フィリピンは例年の輸入量でも今年もコメが不足すると見られています。 Rice prices have slowly inched in response to the possible crisis. Even though not at 2008’s $1,000 per ton rate, it hit $389.5 in May which represents a 10-month high. コメの相場は危機の可能性に対する反応で徐々に上昇しています。2008年の1トン当たり1000ドル(約10万円)とまではいかないものの、5月には直近10か月最高値となる389.5ドル(約3万8950円)をつけました。 The world waits, watches, and carefully monitors the situation as another food crisis lingers. 新たな食糧危機が危ぶまれる中、世界が状況を注意深く見守っています。
コメ生産量 世界食糧危機の火種

国連が世界の人口が70億を超えたことを発...

Close