ロヒンギャ虐殺めぐる国際裁判始まる、スーチー氏も出廷

国連の国際司法裁判所(ICJ)で10日、ミャンマー軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャに対するジェノサイド(集団虐殺)めぐる審理が始まった。ミャンマーの事実上の指導者アウンサンスーチー国家顧問兼外相が出廷し、原告の訴えを聞いた。

仏教徒が多数を占めるミャンマーでは2017年、軍部主導のロヒンギャ掃討によって、数千人が死亡し、70万人以上が隣国バングラデシュへ逃亡した。

ミャンマー政府は、この軍事作戦は過激派の脅威に対応したものだと主張している。

ハーグの法廷に入る際、弁護できないものを弁護するのかというBBC記者の質問に、スーチー氏は答えなかった。スーチー氏は11日に弁論する予定。

ノーベル平和賞受賞者のスーチー氏にとっては、大きな転落の日となった。軍事政権に反発し、人権の象徴とみられていたスーチー氏だが、この日は自分を長年にわたり自宅軟禁していた軍を擁護するために法廷に立った。

この裁判では、イスラム教徒が多数を占める西アフリカの小国ガンビアが、多くのイスラム教国を代表して原告となっている。

審理は3日間にわたり、ロヒンギャ保護の一時的措置をICJが承認するかが焦点だ。ただ、ジェノサイドの認定には数年がかかるとみられている。
ミャンマーにかかる疑惑

2017年初め、ミャンマーには100万人のロヒンギャがいた。その大半は、西部ラカイン州に住んでいた。

しかしミャンマーはロヒンギャを不法移民と見なし、市民権を与えていない。

ロヒンギャは長い間迫害されていたが、2017年にはミャンマー軍がラカイン州で大規模な軍事作戦を開始した。

ガンビアがICJに提出した訴状によると、ミャンマー軍は2016年10月から2017年8月にかけ、ロヒンギャに対する「広範囲かつ組織的な一掃作戦」を実施したとされる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*